スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。





    LiveWallPaperとOpenGL




    ■LiveWallPaperとOpenGL


    さて、Androidでまず作ろうと思っていたライブ壁紙でも作りますかね。
    いろんなサンプル本ではだいたい、

    Engineを継承したクラスの作成→surfaceHolderでdraw()、
    みたいなながれですが、これだと複数のパーティクルを動かすとカクカクになり
    そうなので、OpenGLを使うことにしました。

    だもんで、

    Engineを継承したクラスの作成→surfaceHolder→glesで描画、

    みたいにEngineとOpenGLを結び付ける必要があります。
    その辺の詳しい手法はこの本に載ってるから読んでください。
    (さすがに書いちゃうとまずいような気がするので)

    実際に描画するrendererやなんだは、こっちの本を参考に。


    上記の方法は僕が独学でやった方法なんですが、
    GLWallpaperService というクラスを使う方法もあるようで、
    果たしてどういった方法で実装してどんな効能があるのか不明なので
    知っている人がいたらぜひそっと耳打ちして教えて下さい。
    関連記事
    スポンサーサイト





    コメントの投稿

    非公開コメント

    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お世話になっている書籍達




















    リンク



    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    プロフィール

    yukinori110

    Author:yukinori110
    Androidってなに?Javaってなに?というレベルから勉強してます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。