スポンサーサイト


    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。





    Google Mobile Ads APIへの移行方法


    ■Google Mobile Ads APIへの移行方法


    「8月1日でAdmobのAndroid SDKのサポート終了するよー」

    (´・ω・`)そんなー。

    アプリの広告はAdmobのSDKを使用しているが、どうやら8月1日移行はダメらしい。
    それに移行するとAdmobの更新とかが自動でしてくれるらしい。いちいちSDKをアップグレードしなくていいから楽だ。

    ということで、頑張って移行してみる。




    ■全体の流れ

    1.Android ADTを最新にする。
    2.「Google Play Services」をインポートする。
    3.現行のAdmobを、com.google.android.gms.adsで置き換える




    ■1.Android ADTを最新にする。

    現時点(2014年7月)の最新は、ADTは23.0.2でした。↓から最新版をもらってきましょう。
    http://developer.android.com/intl/ja/tools/sdk/eclipse-adt.html

    ※eclipsの更新ツールで自動アップデートできる人は、それでいいとおもいます。
    私の環境だと、ADT22.2.1からなぜか自動アップデートできなかったので、一度古いADTをアンインストール→再度最新版をインストール、という流れで更新できました。

    参考) eclipse ADTのアンインストール方法 http://www.android-navi.com/archives/android_1/adt/
    ADT Pluginのインストール http://www.javadrive.jp/android/adt/index1.html
    ↑で、https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/からインストールできない場合、上記ADTのzipをアーカイブからインストールすることで可能です(zipをそのまま指定)。




    ■2.「Google Play Services」をインポートする。

    無事に、ADTの更新が出来たら、ついでにSDKで更新できるものはしておきましょう。
    Android SDKマネージャー → 更新可能なものにチェック。特に「Google Play Services」は無いと進めないから必須。

    更新できたら、「Google Play Services」のプロジェクトをインポートします。
    ・「ファイル」→「インポート」→「Android」→「Existing Android Code into Workspace」
    ・ルートディレクトリで、以下のディレクトリを指定↓
    android-sdk/extras/google/google_play_services/libproject/google-play-services_lib/
    ※android-sdkは個人の環境によります。私の場合はC直下においてました。

    こんな感じで、余計なものにチェックが入ってるのでチェック外してください。
    20140727_play01.jpg

    その辺を詳しく書いたのが↓
    https://developer.android.com/intl/ja/google/play-services/setup.html#Setup




    ■3.現行のAdmobを、com.google.android.gms.adsで置き換える

    はい、ここまできたらあとは↓を見ましょう(笑)
    https://developers.google.com/mobile-ads-sdk/docs/
    日本語なんでわかりやすいと思います。

    ・既存プロジェクトに、2.のサービスライブラリをプロパティから追加

    ・AndroidManifest.xml に meta-data タグ追加

    ・個別の広告を設定。バナー広告の場合↓
    https://developers.google.com/mobile-ads-sdk/docs/admob/fundamentals
    設定するIDを、AdmobのユニットIDにすることをお忘れなく。




    ◇注意点

    ・「2.」のリンクでも触れていますが、Proguardを使用している場合、proguard.cfgに記述を追加しないとエラーが出てapkにエクスポートできません。

    ・プロジェクトに!ビックリマークが出て実行できない!→古いAdmobのSDK(jar)を削除し、「ビルドパスの構成」からも除外しておきましょう。

    ・正しくやってるはずなのに、エラーで即効落ちるんですけど!!→SDK関連をとりあえず全部最新にしてみましょう。何故かできるようになります。

    「2.「Google Play Services」をインポートする」までが共通の作業なんで、ここまでやってしまえばあとは個別に設定していくだけです。
    面倒くさいですが、頑張りましょう。

    スポンサーサイト





    Androidアプリで使用している広告


    ■Androidアプリで使用している広告

    アプリ内で表示する広告ですが、現在(2013/12)までに使用している又は使用したことがあるサービスは以下のようになります。

    ◆Admob
    https://apps.admob.com/
    アプリ広告といえばやはりこれでしょうか。他の広告媒体とも連携できちゃうメディエーションも使えるし。
    国内、国外を問わずにとりあえず入れておけるのが安心です。


    ◆nend
    http://nend.net/
    国内向けに以前は入れていましたが、現在使っていません。
    上記Admobのメディエーションで使用したのですが、いまいちインプレッションが伸びなかったためやめました。
    たぶん、単体で使う分には良いと思います。


    ◆BEAD
    http://bead-ad.com/
    よくある、アプリ終了時に表示される広告系です。
    利用者からすると微妙にウザいんですがw、ただアプリのうっかり誤終了も防止してくれるため良いところもあると思います。
    国内向けに使用しています。既存広告と競合しないため、+αとしてオススメです。
    ただし、やはり表示の性質上、使用するアプリは選ぶと思います。


    ◆inmobi
    http://japan.inmobi.com/
    国外向けにメディエーションで入れていたのですが、これもインプレッションがいまいちでした。
    完全海外向けに単体で入れるといいのでしょうか…。現在は使用していません。
    ただ、海外向けの貴重な媒体だと思います。


    ◆adlantis
    http://sp.www.adlantis.jp/
    国内向けに、よくエロ漫画広告を出してくれていましたw
    そこそこクリック率も良かったのですが、いかんせん広告が表示されないことが結構あり、それを差し引くとadmob常時表示のほうが成績が良かったので使用をやめました。
    nendとかと表示傾向が似ていたような気がします。


    という感じで、Androidアプリの広告を使用しています。
    上記は丸々出稿側としても使用できるので、それぞれの性質に合った媒体を選ぶといいよ(適当)






    カテゴリ
    検索フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    お世話になっている書籍達




















    リンク



    最新記事
    月別アーカイブ
    最新コメント
    プロフィール

    yukinori110

    Author:yukinori110
    Androidってなに?Javaってなに?というレベルから勉強してます。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。